どうしてこんなにおいしいの? – 石窯料理の魅力を大公開!

2014.6.14石窯料理について

石窯(ピザ窯)で焼いたパンやピザが美味しい理由。 石窯(ピザ窯)で料理すると、どうしてこんなに美味しいのでしょうか。 石窯でピザやパンを焼くと、表面はこんがり焼け中はしっと ...


石窯(ピザ窯)で焼いたパンやピザが美味しい理由。

石窯パン

石窯(ピザ窯)で料理すると、どうしてこんなに美味しいのでしょうか。

石窯でピザやパンを焼くと、表面はこんがり焼け中はしっとりと仕上がります。この「表面はパリッと中はしっとり」と焼き上がる秘密は、石窯に使っている耐火レンガによる遠赤外線効果にあります。

石窯の内部の耐火レンガに蓄えられた熱は遠赤外線を放射しています。その遠赤外線が、ピザやパンの内部まで届いて食材の内部を加熱し、表面はパリッと、中はジューシーな状態を作りうまみを中に閉じ込めます。

石窯(ピザ窯)は、ピザやパンはもちろん、オーブンで作れる料理は作ることが出来ます。

遠赤外線効果が石窯(ピザ窯)料理のおいしさのポイント。

石窯ピザ

先ほども書きましたが、石窯料理の最大の魅力は遠赤外線効果にあります。

釜内部の壁面が耐火レンガや耐火コンクリートなどで作られている石窯は、薪などで加熱されると遠赤外線を作り出します。この遠赤外線は、食材に吸収されると吸収された食材の熱運動を活発にして食材の温度を上げる効果があります。

食材の外側は対流熱によりパリッと焼かれ、同時に遠赤外線効果で食材の内部を熱していくので、外側はパリッと香ばしく内側はしっとりと、必要以上に水分を失うことなく料理出来るのです。

高温調理のメリット。

石窯の燃料には薪か炭を使います。一般家庭にある、オーブンは普通250℃くらいの温度が限度ですが、石窯の場合は、薪か炭をたっぷりと使うことで窯の温度を300度以上に上げることが出来ます。

本格的ピザを焼くためには400度以上の温度を必要とするのですが、高温で一気に焼き上げる石窯の場合は、ピザを焼くのに最も適している調理方法です。

ムラ無く効率よく焼ける石窯(ピザ窯)。

石窯(ピザ窯)では、食材を火で直接焼くのではなく、燃料を燃やした熱で、石窯内部の耐火レンガを熱して余熱により焼くことになります。そのため、石窯の中の温度が場所によって大きく違うとことはありません。

場所による温度差が少ないため、耐熱流が食材を包み込むように焼くことにより、旨みや水分を閉じ込め、ムラなく効率よく焼くことが出来ます。

おいしい気分を演出する石窯(ピザ窯)。

バーベキューなど、屋外で料理すると、お店で食べる以上にすごくおしいと感じる方が多いと思います。開放感いっぱいの中で、調理や食事をするという気分的なものが大きいのではないでしょうか。

石窯でピザやパンを焼く場合も、屋外での作業になるわけで、もちろん気分が盛り上がることでしょう。食材が焼けていく様子を見ながら家族や仲間でテーブルを囲めば、自然とテンションも上がります。

薪を燃やした炎で調理するという「焚き火の楽しみ」も加わって、さらにおいしく感じることが出来るでしょう。


この記事を読んだ人はこのような記事も読んでいます

DIYでの石窯の作り方

手作り石窯の魅力 – DIYによる手作りで石窯(ピザ窯)を作る楽しみ。

石窯とは?

かまぼこ型石窯の特徴 – 作りやすさとおいしさがバランスされた形。

石窯とは?

石窯(ピザ窯)とは? – 石窯のおいしさの秘密や、ピザ窯とパン窯の違いなどを紹介。

石窯料理について

シンプルだけど奥が深い – 石窯の調理方法と使い方のポイント。

ウッドデッキ

月別アーカイブ 

キーワードで検索 

DIY 人気エントリー 手作り 石窯料理 耐火レンガ

このサイトはリンクフリーです。リンクの際には、ご連絡いただかなくて結構です。基本的にどのページにリンクして頂いても構いません。