石釜キットの種類と選び方 – 商品を選び方のポイントや特徴について。

2014.11.13石窯キット紹介

石釜(ピザ窯)キットの種類と価格 多くの種類が販売されている石釜キットですが、価格は安い物では数万円から高い物では数十万円するものまで多種多様な石釜が販売されています。どの商品に ...


石釜(ピザ窯)キットの種類と価格

ピザ釜キットかまぼこ

多くの種類が販売されている石釜キットですが、価格は安い物では数万円から高い物では数十万円するものまで多種多様な石釜が販売されています。どの商品にもそれぞれ特徴があるのですが、これだけ価格差があるとどの石釜キットを購入すれば良いのか悩んでしまいますね。

ではいったいどのような基準で石釜キットを選べばよいのでしょうか?

ここでは、石釜キットの価格と性能について考えてみましょう。石釜キットの価格帯の種類は、大きく分けて下記の3種類に分類できます。

1.価格が安い石釜キット。当然性能はそこそこである商品。
2.ある程度の価格がする石釜キット。性能は良い商品。
3.ドーム型など、専用型によって製造される石釜キット。高性能だが高価格な商品。

使用している耐火レンガの数や石窯のサイズなどで、必ずしも全ての石釜キットが「安いから性能が低い」「高いから性能が良い」とは限りませんが、多くの石釜が上記の3パターンに当てはまると思います。

また、設置するのに必要な土台や扉、煙突など、石窯つくりに使用する商品が全てセットに含まれているのか、オプションとなっており別途購入する必要があるのかもチェックポイントです。送料も別途必要になりますので注意が必要です。

石釜(ピザ窯)キットの選び方

ピザ釜キットドーム

まずは設置出来るスペースに収まるサイズを確認しておきましょう。

低予算で石釜を楽しむならば1.の「価格が安い石釜キット」が良いでしょう。性能はそこそこでも、石釜ならではのおいしさは十分楽しめますし、屋外でピザやパンを焼くを雰囲気も楽しむことが出来ます。

「たくさんの種類の料理をしたい」「一度に続けて料理がしたいので連続燃焼タイプの石釜が欲しい」「石釜はある程度の大きさがあって見た目も大切」と言う方は、2.の「ある程度の価格がする石釜キット」を購入されるのがよいでしょう。

どうせなら最高スペックの石釜が欲しいという「性能優先」の方は、予算の許す限り、3.の「高性能だが高価格な石釜キット」を選んでください。
ただし、いくら性能が良い石釜キットを購入しても、料理の味は石釜の調理テクニックで決まりますので、宝の持ち腐れにならないように、料理の腕も高性能を目指しましょう。

石釜キットは、使用されている耐火レンガの数やサイズで蓄熱性が予想できたり、窯の形や煙突、扉の有無から石釜の性能を推察することが出来ます。たくさん販売されている石釜キットの中で、「価格に比べて高性能な石釜」「価格の割に性能が良くない石釜」など、商品によっては当りハズレがありますので、ご自分で納得いく石釜キットを探してみましょう。

もちろん、自分が好きなデザイン(外観)で選ぶのも一つの選択肢です。見た目の雰囲気も気分を盛り上げ、満足感を満たすのには大変重要な要素です。必要ならばオプションを購入して自分好みに仕上げても良いでしょう。

ここでは石釜の価格を中心にした種類を紹介しましたが、石釜の「形の種類と形による特徴」については、石窯の種類ページをご覧下さい。いずれにせよ、よく検討を重ねて、妥協をしないで納得のいく石窯キットを選ぶことが重要ですね。

この記事を読んだ人はこのような記事も読んでいます

石窯キット紹介

石釜キットを購入するメリットについて知ろう。

DIYでの石窯の作り方

手作り石窯の魅力 – DIYによる手作りで石窯(ピザ窯)を作る楽しみ。

石窯キット紹介

石釜キットの種類と選び方 – 商品を選び方のポイントや特徴について。

石窯キット紹介

二層式と一層式(単層式)の違いについて知ろう。

ウッドデッキ

月別アーカイブ 

キーワードで検索 

DIY 人気エントリー 手作り 石窯料理 耐火レンガ

このサイトはリンクフリーです。リンクの際には、ご連絡いただかなくて結構です。基本的にどのページにリンクして頂いても構いません。